あなたのマネーライフをサポート

モビットの人気が急上昇です。

えっ、モビットって何、という人のために簡単にご説明しましょう。

モビットとは、三菱東京UFJ銀行系のカードローン、ローン、キャッシングのことです。竹中直人・桃井かおりコンビのTVCMでもお馴染みですね。

モビットは入会金・年会費が一切無料なので、キャッシングカードローンの利用予定のない方も、いざというときのためにカード会員にご入会しておくことをお勧めいたします。
人生、何があるか分かりません。予測の出来ない急な出費は起こりえるのです。

モビットは、三菱東京UFJ銀行系パーソナルローンなので安心です。しかも、他の消費者金融と比べて低金利。約26万人の方に利用されているのです。
他にも、atm(ATM)の時間外利用手数料が無料ですし、返済日も1ヶ月に1回、都合に合わせた支払いでOKです。株式会社モビットが自信を持ってお届けする理由です。

モビットは、申込み審査の早さも特徴です。融資可能かどうかは「10秒自動審査申込み」機能を使ってすぐに分かります。
しかも、モビットは即日融資が可能です。最短で30分あれば本審査が完了し、審査結果が分かります。もちろん、インターネットやコールセンター(電話番号参照)を利用して、24時間対応してくれます。

そして、モビットは高額融資が可能です。最大で300万円までの増額融資に対応できるのです。
保証人や担保ももちろん不要ですので、自営業・アルバイト・パートなどの方も利用できちゃいます。

また、便利で充実したatm(ATM)ネットワークも見逃せません。銀行はもちろん、コンビニなど提携atm(ATM)で利用できます。

モビットのキャッチフレーズ「安心」「早い」「頼れる」をモットーに、株式会社モビットが全力を挙げて、あなたのマネーライフをサポートするわけですね。

審査は、最速最短で30分

モビットは、お急ぎのキャッシング融資にも素早く対応してくれます。
インターネットから申込み、専用フリーダイヤルに電話して相談してください。

モビットの審査は、最速最短で30分で完了します。

おおまかな流れは、

(1)パソコンやケータイ(携帯)電話により、ホームページから申し込みます。

(2)ホームページにて申込み作業を完了すると、「お急ぎの方専用ダイヤル」が表示されます。これは、モビット専用のフリーダイヤルなのでここに電話してください。

以上で、モビットによる審査が開始されます。ここまでが最短30分です。

そのあと、折り返し審査結果の電話が来ますので、その場で会員登録を済ませましょう。

お金の融資方法は二通りから選ぶことが出来ます。

(1)指定した金融機関の口座に振り込んでもらう方法。但し、即日融資を希望する場合は当日の14:50までに振込手続きを完了しておかなくてはなりませんので注意してください。この時間に遅れると、即日振込は出来ません。

(2)もう一つの方法は「モビットカードでの引き出し」です。こちらは会員登録の際に、カード受取方法を「すぐモビで受取」と指定します。そうすると、全国の「すぐモビ」設置箇所でモビットカードをその場で発行してくれます。

モビットカードを受け取ると、提携ATMにて引き出すことが出来るようになります。
どちらの方法も、簡単にできますよ。

主婦の方もOK

モビットの申込み方法はいろいろあります。

パソコン・ケータイ(携帯電話)・ローン申込機(すぐモビ)・電話・FAX・郵便など様々です。

モビットの申込は、24時間対応してくれるのも嬉しいですね。
もちろん入会金や年会費は一切無料です。

モビット申込条件は、「年齢満20歳以上65歳以下で、安定した定期収入がある人」です。
この基準を満たせば、アルバイトやパート、自営業の方も利用できます。

主婦の方もOKですよ。

また、保証人や担保、印鑑はいりません。(ただし、口座振替依頼の手続きには印鑑が必要となります。)
申込に必要な書類として、「運転免許証(写し)」「パスポート(写し)」「健康保険証(写し)」などの本人を証明できる書類の写しが必要になります。

基本的には、これで良いのですが、50万円を超える融資を希望する場合には「収入を証明する書類(写し)」も必要となります。

無記名「審査シミュレーション」

モビットでは、実際に融資可能かどうかを判別する「審査シミュレーション」というのを実施してくれます。

これは、その場ですぐに融資が可能かどうか分かります。
もちろん、無記名でのシュミレーションなのでプライバシーも守られますよ。

そして、融資希望の場合は、シミュレーションで入力された内容をそのまま利用してカード申込ができ便利です。

モビットのもう一つのシュミレーションに「返済計画シミュレーション」というのがあります。

こちらは、毎月の返済額や利用可能額、返済回数などをそれぞれ試算してくれます。
算出された結果を参考にして、具体的な返済計画を立てることが可能なのです。
これらのシステムを上手に活用して、無理のないキャッシングライフを実践しましょう。

全国各所にある借入可能場所

モビットの借入可能場所は全国に点在しています。
全国の銀行やコンビニエンスストアなど、必ず近くにモビット提携のATMやCDがあるはずです。

モビット提携ATMをご紹介しましょう。

まずは、モビットのおすすめ提携ATMです。
三菱東京UFJ銀行・プロミス・セブン銀行です。
そのほかにも、アプラス・イーオン・オリコ・キャッシュイン・セゾンカード・ニコス・ポケットカード・UCSなどがあります。

提携銀行・提携信用金庫は、足利銀行・池田銀行・大垣共立銀行・岐阜銀行・京都銀行・紀陽銀行・群馬銀行・京葉銀行・西京銀行・静岡中央銀行・十六銀行・常陽銀行・親和銀行・スルガ銀行・泉州銀行・仙台銀行・大正銀行・第四銀行・但馬銀行・千葉銀行・中京銀行・栃木銀行・トマト銀行・富山銀行・南都銀行・西日本シティ銀行・百五銀行・百十四銀行・北洋銀行・北陸銀行・みちのく銀行・宮崎銀行・武蔵野銀行・もみじ銀行・横浜銀行・各種信用金庫となっています。

モビット提携先が全国にあるといったことに、納得していただけましたか。

それでも、以上の提携先が近くにない場合などは、パソコンやケータイからカンタンに「振込キャッシング」を依頼できます。また、お電話での依頼も可能ですので安心してくださいね。

お財布代わりに使う、一番便利な方法

モビットの返済方法についても、お教えいたしましょう。

モビットのキャッシング返済方法は、都合に合わせて3通りの方法から選ぶことが出来ます。

一つ目は、最寄りの提携ATMで返済する方法です。モビットの提携ATMは銀行・コンビニ・駅など全国にありますのでお手軽です。

もう一つの方法は、三菱東京UFJ銀行の預金口座から、毎月自動引き落としする方法です。この方法には、三菱東京UFJ銀行に口座を持っている必要があります。三菱東京UFJ銀行の口座は簡単に作ることが出来ます。自動引き落としはうっかり忘れなどの心配もなく本当に便利ですよ。

最後は、現在利用している金融機関の口座から、モビット指定の銀行口座へ振り込む方法です。こちらもお手軽ではありますが、振込手数料の問題が出てきそうですね。

モビットと長く付き合うのでしたなら、三菱東京UFJ銀行の口座を一つもっておきたいモノです。
モビットをお財布代わりに使うには、一番便利な方法です。